家を売りたい時に、売却の査定をする時のお話しです。

 

いざ、お家を売却したいとなった時にどうすればよいのか?
まずは査定の依頼ですね。
とは言っても、どのようにすればよいのか?
その流れを細かくご説明いたします。
最近ではインターネットで「簡易査定」というものがあります。
まずはネットから査定を依頼してみましょう。
依頼すると、依頼された不動産屋が「相場」を基準に、査定してくれます。
とは言っても「机上査定」となりますので、査定額はあくまでも目安となります。
(例)3,000万円〜3,500万円など、価格に多少の幅があります。
何社かに「簡易査定」を申し込み、返ってきた査定額を見比べましょう。
不動産屋によっては査定額が少し変わります。
そこまで差がなければ、その価格の平均をとり、その平均を基準としましょう。
(例)A社3,200万円 B社3,300万円 C社3,400万円となれば、
     3,300万円を基準としましょう。

 

次に、本気で売却したい際は、不動産屋を呼びましょう。
実際に見て査定してもらうと、建物の付加価値や、土地の状況により、具体的な査定ができます。
ここでも、何社かに見てもらいましょう
不動産屋によって、多少金額が変わってくる場合があります。
一番金額が高いところに依頼をしましょう。

 

最後に、不動産屋に買い取ってもらう場合です。
買い取りとなると、メリットとデメリットがあります。
メリットは、即決即金となります。
一般で売却する際のメリットは、相場で売れるので、金額は高めですが、
デメリットは、いつ売れるかわからない、買い手が決まっても、住宅ローンが内定するかわからない、
など、いつ現金化できるかわかりません。
その点、買い取りでは、ほぼ現金で買うため、すぐに現金化できます。
デメリットは、買い取りとなると、買い取った不動産がリフォーム等をし、転売し、利益も取るため、
金額が下がっています。
相場のおよそ7割から6割減くらいが目安です。
売却の動機や、状況によってどちらかを選択しましょう。
急いでなければ、一般で売却が望ましいですが、すぐに現金が必要な場合は、買い取りも検討しましょう。

 

いずれにせよ、売却の査定はすぐにできます。

 

以上、家を売りたいときの売却の査定のお話しでした。